« 【民法】 瑕疵ある種類物の引渡しは「特定」か? | トップページ | 【民法】 債権者が瑕疵ある種類物を目的物として選定した場合は「特定」なのか? »

2006年9月19日 (火)

【余談】 妙な本

奥野修司 『心にナイフをしのばせて』(文芸春秋、 2006年という本があります。

 

約30年前に起きた、少年――その後、弁護士になったそうです――によるある殺人事件と、被害者の遺族のその後について書かれた本、 だそうです(私はまだ読んでいません)。

 

ところで。

 

この本、新刊の在庫を有している店が妙に少ないんです。

 

Amazon、「本やタウン」、ビーケーワン、セブンアンドワイ、いずれも新刊の在庫を有していないか、 取り扱っていないという表示が為されています。

 

何故だ?

|

« 【民法】 瑕疵ある種類物の引渡しは「特定」か? | トップページ | 【民法】 債権者が瑕疵ある種類物を目的物として選定した場合は「特定」なのか? »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173023/11959617

この記事へのトラックバック一覧です: 【余談】 妙な本:

» 読み終わった本等をアマゾンへ出品して小遣いを稼いでみませんか [アマゾンで本・CD等を売ってお小遣いを稼ごう]
読み終わった本、聞き飽きたCD等ございませんか?んっ?どっかで聞いたようなフレーズですね〜。そういった物をまずはアマゾンへ出品してお小遣いを稼いでみませんか。後、感想等コメント・トラックバックお待ちしております。 [続きを読む]

受信: 2006年9月23日 (土) 13:53

« 【民法】 瑕疵ある種類物の引渡しは「特定」か? | トップページ | 【民法】 債権者が瑕疵ある種類物を目的物として選定した場合は「特定」なのか? »