« 【余談】 二日酔い対策 | トップページ | 【民法】 423条・424条における被保全債権不存在の場合の判決 »

2006年12月13日 (水)

【余談】 Interesting News : Nov 13, 2006

Yahoo!ニュース - 時事通信 - 更新制導入を明言=教員免許で安倍首相- 衆院特委
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061213-00000084-jij-pol

更新制は是非導入すべきだと私は思います。

実際、優れた先生も数多くいらっしゃいますが、適格を欠くと思われる教諭も少なくありません。

 

但し、更新制を導入するにしても、先生に教育の全ての管理・責任を求めることは妥当でありませんし(教育は、まずは家庭が担うべきものでしょう)、採用試験時と同じような試験を行なうことは妥当ではないと思います。

 

医師免許の更新制の議論にも妥当することですが、先生を続ければ続けるほど専門性が高まるので、更新時期には当然、 採用時のような一般性は低下していることが普通です。

 

それにも拘わらず、採用時と同様の一般性を求めることに意味はありませんし、むしろ、 そのような一般性を求めると先生方に大きな負担になってしまうと思います。

 

 

TIME誌が選ぶ2006年を代表する写真 - GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20061213_yip2006/

 

 

Winny開発者に罰金150万円の有罪判決 - GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20061213_winny/

ITmedia News:Winny開発者に有罪判決
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0612/13/news023.html

ITmedia News:Topics:Winny事件の衝撃
http://www.itmedia.co.jp/news/topics/winny.html

asahi.com:「ウィニー」裁判、判決要旨
http://www.asahi.com/national/update/1213/OSK200612130057.html

 

 

中山研一の刑法学ブログ : 今年の私の業績
http://knakayam.exblog.jp/5132318/

きっと奥様のご逝去が無ければ、もっと沢山論文を書かれていたのでしょうね。

気力よりもその体力が凄いと思います。

 

 

けん坊の法律研究室
http://www.kenslabo.com/index.php?mode=Home

 

 

 

「大手渉外事務所は,司法修習が始まる前に内定を出してしまう。ある事務所が人材の抱え込みをすれば,   他の事務所もやらざるを得ないという悪循環を繰り返し,今では司法試験合格と同時,   新試験だと論文試験終了後くらいから抱え込みが始まるのだという」

 

岡口判事のボツネタ経由で拝見したサイトです。

 

 

四国LAW/Buchi研: 遺影を抱いて傍聴されて困ること?
http://sls.cocolog-nifty.com/buchi/2006/12/post_3672.html

先日ご紹介致しました札幌高裁での出来事についてコメントされています。

 

 

切り立ったガケに張り付いていかねばならない中国の国立公園の風景 - GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20061213_china_park/

 

 

|

« 【余談】 二日酔い対策 | トップページ | 【民法】 423条・424条における被保全債権不存在の場合の判決 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173023/13055102

この記事へのトラックバック一覧です: 【余談】 Interesting News : Nov 13, 2006:

» ファイル共有ソフトWinnyの解説 [ファイル共有ソフト 【ファイル共有ソフト】]
Winny(ウィニー)はP2Pの技術を利用した、ファイル共有ソフトです。ファイル共有ソフトWinnyは、そもそも2チャンネルのダウンロードソフト版です。 [続きを読む]

受信: 2006年12月15日 (金) 22:35

« 【余談】 二日酔い対策 | トップページ | 【民法】 423条・424条における被保全債権不存在の場合の判決 »