« 【余談】 長谷部恭男先生のお言葉 | トップページ | 【余談】 Interesting News : June 08. 2007 »

2007年6月 7日 (木)

【余談】 Interesting News : June 07. 2007

 

町弁(まちべん)のひとりごと: ★司法修習生の就職活動が様変わりした?★
http://lake.269g.net/article/4398724.html

この情報は岡口判事のボツネタ経由で取得しました。

 

 

 

Kaffeepauseの日記 - 小六法廃刊?
http://d.hatena.ne.jp/Kaffeepause/20070606/1181140369

小六法が廃刊になり、判例六法プロフェッショナルというものが出版されるようです。模範六法に対抗する商品という位置づけでしょうか。

 

 

 

弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」
■ [刑事事件] 風見さん長女交通事故死、運転の被告に地裁が実刑判決

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20070607#1181175008

 

 

 

エコ・ステーション (白石忠志ウェブサイト)
http://shiraishitadashi.jp/blog/2007/06/post_50.html

興味深い事例のご指摘が為されています。

 

 

 

暁弁護士の中国日記 『市場主義は万能か?』
http://akashiblog.blog58.fc2.com/blog-entry-108.html

「簡単に言うならば、中国は夥しい負の遺産ともいうべき問題を抱えており、 環境が整っていない段階で市場原理を導入すれば、かえって重い副作用で苦しむことになるというのが一般中国人の考えではないかと思う。」。

 

 

 

中山研一の刑法学ブログ : 「定刻主義者の歩み」出版計画
http://knakayam.exblog.jp/6242445/

今の学生さんは、「定刻主義者」という言葉を使われるのでしょうか(^_^;)?

 

 

 

Business Media 誠:株主総会の“浮動票”、 個人株主を味方に付けるために大切なこと
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0706/07/news005.html

「企業の経営陣とファンドが株主総会で繰り広げる委任状争奪戦。 このゲームの鍵となるのが、個人株主の存在だ。これからのファンドは、個人株主を自分の味方に付けることが重要になる。そのためには、 これまでとは違う方法で個人株主の共感を得ていかなくてはならない。」。

 

 

 

レジデント初期研修用資料: 診断画像の読みかたについて
http://medt00lz.s59.xrea.com/blog/archives/2007/06/post_502.html

 

 

 

ちょっとでも部屋を広く見せるために知っておきたい5つのこと | P O P * P O P
http://www.popxpop.com/archives/2007/06/5_12.html

ブラウザだけで使える、分数やルートの計算も簡単な手書き電卓『xThink Online Calculator』 | P O P * P O P
http://www.popxpop.com/archives/2007/06/xthink_online_calculator.html

 

 

 

スラッシュドット ジャパン | 日本版Second Life(?)の「meet-me」、 始動
http://slashdot.jp/articles/07/06/06/1212245.shtml

 

 

 

ITmedia Biz.ID:Google Docs & Spreadsheets、 アカウントなしで共有文書が閲覧可能に
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0706/07/news030.html

 

|

« 【余談】 長谷部恭男先生のお言葉 | トップページ | 【余談】 Interesting News : June 08. 2007 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173023/15344200

この記事へのトラックバック一覧です: 【余談】 Interesting News : June 07. 2007:

« 【余談】 長谷部恭男先生のお言葉 | トップページ | 【余談】 Interesting News : June 08. 2007 »