« 【会社法】 賠償責任と弁済責任 | トップページ | 【刑法】 状態犯と継続犯の区別の仕方 »

2008年5月11日 (日)

【余談】 実行する習慣を身につけるための7つの方法

 

以前、IDEA*IDEAさんで紹介されていました"7 Ways to Grow the Action Habit"(行動する習慣を身につけるための7つの方法) という記事がなかなか印象的でしたので、駄訳してみました。

 

恐怖は行動で克服する | IDEA*IDEA
http://www.ideaxidea.com/archives/2008/02/post_383.html

 

7 Ways to Grow the Action Habit
http://www.pickthebrain.com/blog/grow-the-action-habit/

 

 

 

その道の達人と呼ばれる人々には1つの共通点があります。

 

――それは、自分の希望を実現する力、「実現力」 です。

 

実現力は、知性や能力よりも重要です。給料や昇進に大きな影響を及ぼす人脈よりも重要です。

 

この実現力はシンプルなコンセプトですが、実現力のある人、つまり、実行して結果を確実に出せる人は、 いつの世も数少ない貴重な存在です。

 

そして、行動する習慣――アイディアをすぐに行動に移す習慣――は、 実現力に不可欠です。

 

という訳で、行動する習慣を身につけるための7つの方法をご紹介します。

 

 

■01. 「コンディションが完璧になったらやろう」という考え方を捨てる

コンディションが完璧になったらやろうと考えていても、「完璧」なんて永遠にやってきません。

 

何を始めるにせよ、世の中はいつも何かしら都合が悪いものです。タイミングが悪かったり、マーケットが停滞中だったり、 ライバルが多すぎたりするものです。

 

この現実社会では、何かを始めるのに「完璧」な時間なんて存在しません。

すぐに行動し、生じつつある問題の処理に取り掛からなければいけません。

 

始めるのに最適な時期は去年だったのです。次善の時期は? ――今です。

 

 

■02.悩むより動く

物事をぐすぐす考えるより、物事を実行に移しましょう。

エクササイズしたい? 上司を口説き落とせる素晴らしいアイディアがある?

なら、今日、やりましょう。今日、伝えましょう。

 

アイディアを実行に移さずにぐずぐすと考えれば考えるほど、どんどんやる気はなくなってしまいます。

数日後にはアイディアの詳細がぼんやりとしてきます。

1週間後にはアイディアは完全に忘れられています。

 

すぐに動けば、アイディアをどんどん実現することができますし、その実現プロセスで新しいアイディアを活性化することもできます。

 

 

■03.良いアイディアを思いつけば成功する…… わけではない

確かにアイディアは重要です。

ですが、アイディアは実行されなければ無意味です。

 

既に実行に移された1つの平凡なアイディアは、「いつか」や「チャンス」 のために大事にしてあるとっておきのアイディア1ダースよりも価値があります。

 

本当に自信があるアイディア(企画)があるなら、すぐにやりましょう。

あなたがやらなければ、そのアイディアは永遠に陽の目を見ません。

 

 

■04.緊張を克服するために動く

大勢の人々の前でスピーチをするときに最も辛いのは、自分の出番を待っている時間です。

 

プロの講演家や俳優でさえも、本番前には緊張します。

しかし、彼らは一旦本番に入ってしまえば、あっという間に緊張感を克服します。

行動こそが緊張の特効薬なのです。

 

行動を起こそうとする場合、一番辛いのは、まさに最初です。

一旦行動し、ボールが転がり始めれば、あなたは自信を持ち、行動しやすくなり続けるでしょう。

行動して自信を持つことによって、緊張感を抹殺することができるのです。

 

 

■05.クリエイティブな思考回路を機械的に動かす

クリエイティブな仕事はインスピレーションが湧いたときにだけできる――これは大きな誤解です。

インスピレーションが湧くのを待っても、ずっと待っているだけで終わってしまいます。 あなたの実働時間は極めて短いものになるでしょう。

 

待つのではなく、クリエイティブな思考回路を機械的に動かさなければなりません。

何かを書きたいのであれば、強制的に自分を座らせて、書き始めなければなりません。

ペンと紙を持たなければなりません。

 

ブレインストーミング、いたずら書き、何でも良いです。手を動かして、思考回路に刺激を加え、 自分をインスパイアしなければなりません。

 

 

■06.今に生きる

今、この瞬間に、あなたができることに焦点を合わせましょう。

先週何をしなければならなかったとか、明日何をできるようになるかとかは無視しましょう。

あなたが変えることができるのは、今という時間だけです。

過去や未来に投資し過ぎると、何事も為し得ません。明日や来週は、今、変えようがないんですから。

 

 

■07.すぐに仕事に取り掛かる

会合の始まりに社交辞令的なコミュニケーションをしたり、短い会話をしたりするのは人々の習慣になっています。

 

同じことは、ビジネスパーソンにも言えます。

 

あなたは、仕事に取り掛かる前にいったい何回、メールやRSSをチェックしますか?

これらの気分転換を避けて仕事にすぐに取り掛かるようにしないと、あなたの貴重な時間はどんどん奪われていきます。

 

仕事という本質を外さない人間になることによって、あなたはより生産的になれますし、周囲はあなたをリーダーとみなすでしょう。


|

« 【会社法】 賠償責任と弁済責任 | トップページ | 【刑法】 状態犯と継続犯の区別の仕方 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【会社法】 賠償責任と弁済責任 | トップページ | 【刑法】 状態犯と継続犯の区別の仕方 »