« 【余談】 Interesting News : June 18. 2008 | トップページ | 【余談】 Interesting News : June 23. 2008 »

2008年6月20日 (金)

【余談】 Interesting News : June 20. 2008

 

2008-06-20 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」
■[刑事事件]グリーンピース幹部ら2人逮捕へ 窃盗容疑で青森県警

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20080620#1213889812

 

 

 

裁判員に選ばれた人は,記者会見にも応じなきゃならないかもです - [ボ]
http://d.hatena.ne.jp/okaguchik/20080620/p3

 

 

 

Matimulog: 司法修習生blog問題
http://matimura.cocolog-nifty.com/matimulog/2008/06/blog_b244.html

 

miscellaneous : blog | 守秘義務
http://misc.jugem.jp/?eid=372

 

「守秘義務」とは何ぞや? - 企業法務戦士の雑感
http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20080619/1213898410

 

居眠り記 : なにを書いて
http://catsleeps.exblog.jp/7228066/

 

 

 

キツネを避けて高速道で事故死した事例 - curiousjudgeの日記
http://d.hatena.ne.jp/curiousjudge/20080517/p1

 

 

 

朝日社説 自殺3万人―命を救う輪を広げよう : asahi.com(朝日新聞社):社説 - finalventの日記
http://d.hatena.ne.jp/finalvent/20080620/1213920307

 

 

 

404 Blog Not Found:第零計 - 書評 - 中国人のビジネス・ ルール兵法三十六計
http://blog.livedoor.jp/dankogai/archives/51068461.html

 

 

 

シゴタノ! - 書評『最後の授業 ぼくの命があるうちに』
http://cyblog.jp/modules/weblog/details.php?blog_id=709

 

 

 

わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる: オンナを理解するための7冊
http://dain.cocolog-nifty.com/myblog/2008/06/7_4747.html

 

 

 

ニューヨークの遊び方 : ニューヨーカーの会話術が7月からNHKでスタートします
http://nyliberty.exblog.jp/8821316/

 

 

 

メイク落としシート
http://d.hatena.ne.jp/m-a-k-i/20080619/p1

 

 

 

「金色のガッシュ!!」の作者である漫画家、雷句誠さんにいろいろとインタビューしてきました - GIGAZINE
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080620_raiku/

 

 

 

304 Not Modified: 私はこれでゴキブリと無縁の生活を送るようになりました
http://maname.txt-nifty.com/blog/2008/06/goodbygoki.html

 

 

 

コレは便利!ブログに「目次」が付けられる
http://ascii.jp/elem/000/000/143/143694/

 

 

 

Mozilla Re-Mix: Firefox 3に対応している代表的アドオンリスト。
http://mozilla-remix.seesaa.net/article/100971672.html

 

 

 

恋愛テク:すぐ寝る女は愛される?男の恋愛深層心理 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/life/love/news/20080619alb00m070001000c.html

 

|

« 【余談】 Interesting News : June 18. 2008 | トップページ | 【余談】 Interesting News : June 23. 2008 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

いつも楽しく見させてもらってます。

僕はshoyaさんの後輩で、学部の4回生です。

今の学校のローを目指して勉強してきました。そしていよいよ明日、第一関門である適性試験があります。

出来次第では足きりされかねないので、正直いって、非常に不安で怖いです。

そこでもし、よろしければ試験に臨むときの心構えなどを教えていただけないでしょうか??

突然で厚かましいことだと思いますが、もしよろしければお願いします。

投稿: HM | 2008年6月21日 (土) 20:14

HMさん、コメントありがとうございます。

厚かましいなんて、とんでもないです。
私のような者のアドバイスがお役に立てるかどうか、また、
明日の試験に間に合うかどうか分かりませんが(先程、コメントを
拝読した次第です。遅れまして、申し訳ありません)、僭越ながら
一言だけ申し上げます。


どうぞ、緊張しないでください。
より正確には、緊張なさる必要はございません、と言うべきかも
しれません。


■試験前。
HMさんは大学入試と数々の期末試験を乗り越えられて今に
至っている実力者です。客観的に見て、HMさんは、他の
方々より優秀です。ですから、試験前に緊張する必要は
ございません。どうぞ、自信をお持ちください。


■試験中
試験中、もし、HMさんに難しいと感じられる問題であれば他の
受験生の方々も難しいと感じておられるはずです。

ですから、本番中も焦られる必要はございません。「自分が難しいと
感じている以上、みんなも難しいと感じているはずだ、この問題が
解ければ儲けものだ」というお気持ちでリラックスしてください。


■試験後
また、仮に万が一失敗したとしても、たかが試験です。
人間万事塞翁が馬、何がどうなるか分かりません。
人生の道は1つではございません。「法科大学院やその法曹界は、自分を選らばなかった
ことを後悔するぜ」という強いお気持ちをお持ちください。


出来事の意味づけは客観的・絶対的に決まっているわけではありません。
HMさんが試験を不安にお感じになられる理由は、試験後のことを
お考えになってのことだと思いますが、試験後のことをどう
評価し、どのように意味づけるのかは自分自身です。

試験後のことに怯えると、受験が不安になります。
試験後のことを意に介さなければ、受験は不安ではありません。


大丈夫です。怖いものなんて、そう滅多にありません。
試験の結果がどうであれ、成功への道は色々とございます。

京大のなかにいると成功の道は1つしかないような気になることが
ありますが(笑)、決してそんなことはありません。

そうお考えくだされば、「たかが試験」と考えられるのではないか、と
私は愚考しております。


吉報をお待ちしております。

投稿: shoya | 2008年6月22日 (日) 01:37

ありがとうございました。

本当にありがとうございました。

すごく勇気付けられました。

見ず知らずの僕に、すごく親切に対応してくださって感動しました。

本当にうれしかったです!!

コピペして、自分の携帯に送って、何回も読んで勇気をもらってました。

本当にありがとうございます。

結果は76点でした。

手ごたえとしてはもっと悪くても全然おかしくなかったので、満足です。

去年の絶対安心ラインは80点だったのですが、今年は周りの人がそろって難しくなったといってたので、76点でもかなり希望がもてます。

平均がでるまでなんともいえませんが、後悔はありません。

本当にありがとうございました。。。

12月の合格発表にもいい報告ができるようにこれから法律の勉強を頑張ります!!

投稿: HM | 2008年6月22日 (日) 20:48

HMさん、コメントありがとうございます。

私の拙い言葉がHMさんのお役に立てたのであれば望外の喜びです
し、大変光栄です。

そして、2次試験(と言うのでしょうか)の入学試験に向けて、
どうぞ勉学にご邁進くださいませ。


ちなみに、京大のローの入学試験の出来は先生方から見ると例年、
あまり芳しくないようです(あくまで先生方の視点からの評価です
が(^^;))。

恩師の受け売りですが、(1)ごくごく基本的な事項(制度趣旨、判例
規範など)を正確に記述する、(2)論理破綻しない、(3)事案の特徴に
こだわる(一般論としてこれが特に弱いそうです)、と言った点に
ご留意されると良いかもしれません。


京都の夏は相変わらず暑いですが、どうぞ、お身体にお気をつけて
お過ごし下さい。

投稿: shoya | 2008年6月22日 (日) 21:11

返信遅くなりまして申し訳ございません。

入試の貴重な情報ありがとうございます。

先生方から試験での留意点などはあまり聞けないので大変ためになりました。(今日、佐久間先生は問題文の情報だけから判断できないなら無理やり結論を出さず、かならず場合をわけて検討するように注意しておられました。その前は「とき」=場合の意、「時」=時点の意であるからしっかり書き分けるようにとを民法32条を例に挙げて説明しておられました。(意外に説明されてますね笑))

これからは基本を今まで以上に意識して勉強していきたいと思います。

shoyaさんもお忙しいことでしょうが、どうぞお体を大切にしてください。

重ね重ね本当にありがとうございました。

投稿: HM | 2008年6月23日 (月) 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【余談】 Interesting News : June 18. 2008 | トップページ | 【余談】 Interesting News : June 23. 2008 »