« 【余談】 Interesting News : Apr 21. 2009 | トップページ | 【余談】 Interesting News : Apr 25. 2009 »

2009年4月23日 (木)

【余談】 Interesting News : Apr 23. 2009

 

人生\(^o^)/オワタの二回試験落ち日記 二回試験三振制度導入の件
http://shin61kifugoukaku.blog41.fc2.com/blog-entry-77.html

二回試験に受験回数制限が設けられるそうです。

しかし、体調不良や身内に不幸があったなどの特段の事情が無い方であれば、二回試験を3回受験されることは滅多にないと思うのですが… …(^_^;)。

 

 

 

法科大学院定員18%減、予定なし6校…10~11年度計画 : 政治 : YOMIURI ONLINE (読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090423-OYT1T00023.htm?from=main1

 

 

 

「和歌山市毒物カレー事件」最高裁判決が暗示するもの。 - 企業法務戦士の雑感
http://d.hatena.ne.jp/FJneo1994/20090422/1240417106

最高裁が指摘するように、犯人性と構成要件該当性等を肯定する判断さえつけば、刑罰権の行使自体は可能です。

ですが、そもそも刑罰権、ひいては刑事司法制度は何のために存在するのかというところに思いを馳せると……難しいですね。 どこで線を引けば良いのか。

 

特に死刑が想定される場合、特別予防の側面では応報性が強いので、その分、 遺族の要望を重視すべしという要請が強く働くのかなとは思います。

他方で、刑事司法制度全体として考えた場合、限られた予算と資源内での社会秩序維持という要請も強く働きます。

そして、他にも考慮すべき要素は複数存在します。

 

それぞれの次元が異なり、比較不能な考慮要素が複数存在する場合にどこに”落とし所”を見出すか。

このような落とし所を発見し、それを立法を通じて実現する能力を備えた人物のことを、一般に”政治家”と呼ぶのですが、 どこかに卓見を備えた方はおられないでしょうか……。他力本願で恐縮ですが(^_^;)。

 

 

 

脳はあり合わせの材料から生まれた―それでもヒトの「アタマ」がうまく機能するわけ - 情報考学 Passion For The Future
http://www.ringolab.com/note/daiya/2009/04/post-973.html

 

 

 

【文房具】 アソシエの文房具特集がたまらないでござるの巻:マインドマップ的読書感想文
http://smoothfoxxx.livedoor.biz/archives/51651431.html

 

 

 

誠 Biz.ID:アラフォー起業家の“継続拡大”人脈術:適切な「片思い人脈」 のススメ
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/0904/22/news035.html

 

 

 

遺伝子の病「プロジェリア」を患っていたアシュリー・ヘギさん、17歳で亡くなる
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00153634.html

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

 

広告とPRの違いってナンですか?:日経ビジネスオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20090417/192329/?top

 

 

 

ニューヨークの遊び方 : スタッテン島行き無料フェリーのデッキで飲むビール!
http://nyliberty.exblog.jp/10771974/

 

 

 

白地図、世界地図、日本地図が無料
http://www.freemap.jp/

学校の先生方の授業や各種プレゼンで役立ちそうですね(^_^)。

 

 

|

« 【余談】 Interesting News : Apr 21. 2009 | トップページ | 【余談】 Interesting News : Apr 25. 2009 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【余談】 Interesting News : Apr 21. 2009 | トップページ | 【余談】 Interesting News : Apr 25. 2009 »