« 【余談】 Interesting News : July 24. 2009 | トップページ | 【余談】 Interesting News : July 26. 2009 »

2009年7月25日 (土)

【余談】 Interesting News: July 25. 2009

 

 

「賃貸住宅の更新料は無効」 100万戸に与える判決の衝撃度(J-CASTニュース) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090724-00000005-jct-soci

ボ2ネタ経由で拝見した記事です。

紙幅の関係上,仕方のないことかもしれませんが,当事者のご主張の根拠が示されていないので,正確な判断がし辛いきらいがあります。

 

記事によれば,谷口先生は

 

「家主の収入と借り主の支出との割り付けの問題なのに、 名目上のことだけ見て判断しているのは適切ではないからです。更新してから借り主がいつ家を出るか分からないから、 更新料などがあるわけです。それで家賃が安くなっているのに、無効なら家賃を上げるしかありません。結局、消費者の首を絞める、 視野が狭い判決ですね」

 

と仰っています。

確かに,更新料の趣旨をこのように考えることもできると思います。

ただ,更新料の機能につきましては,実際にこのように機能しているという実証データが無ければ,この主張はやや苦しいのかな, と思います。

そして,この更新料の機能を実効的に主張できなければ,最終的に消費者の首を絞める――ひいては消費者契約法の趣旨に反する―― ということを裁判所に納得させることは困難ではないかと思われます。

 

先生が実際に訴訟でどのようなご主張を展開され,証拠を提出されたのか存じ上げませんので軽々には申し上げられないのですが, 仮に実証データを出されていないのであれば,消費者契約法の構造上,本判決は当然の帰結になるのかなと現在,私は考えております。

 

ちなみに,更新料が廃止され家賃が上がるとしても,その場合の「合計」(1年分の新家賃)と,更新料という制度が存在した場合の 「合計」(更新料+1年分の現家賃)のいずれが高くなるかを示すことはそう簡単なことではないと思います。

 

 

 

エクスターン、サマークラーク - つれづれなるままに ~弁護士ぎーちの雑感~
http://d.hatena.ne.jp/attorney-at-law/20090724/1248444828

 

 

 

NY系巨大法律事務所で国際企業取引に関わる日々: 東京オフィスのロイヤーの旅立ち
http://mergersacquisitions.seesaa.net/article/124203623.html

 

 

 

2009-07-24 - 弁護士 落合洋司 (東京弁護士会) の 「日々是好日」
■[書籍]公安検察 私はなぜ、朝鮮総連ビル詐欺事件に関与したのか

http://d.hatena.ne.jp/yjochi/20090724#1248434229

 

 

 

仕事場探訪:ホワイトボードLoveなオフィス : ライフハッカー[日本版], 仕事も生活も上手くこなすライフハック情報満載のブログ・メディア
http://www.lifehacker.jp/2009/07/090725whiteboardlove.html

 

 

 

巨額利益生む0.03秒 米ゴールドマン - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/090725/fnc0907251249007-n1.htm

 

 

 

RSAが解説:インターネット犯罪に加担させ、だます手口に注意せよ - ITmedia エンタープライズ
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/0907/25/news004.html

 

|

« 【余談】 Interesting News : July 24. 2009 | トップページ | 【余談】 Interesting News : July 26. 2009 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【余談】 Interesting News : July 24. 2009 | トップページ | 【余談】 Interesting News : July 26. 2009 »